生え際の薄毛って復活できるの?

なかなか改善しにくいと言われている生え際の薄毛は、男性の場合AGA(男性型脱毛症)、女性の場合FAGA(女性男性型脱毛症)の症状の1つです。
生え際の薄毛を復活させるためには「(1)これ以上の抜け毛を防ぐこと」「(2)頭皮を髪が生えやすい環境に整えること」「(3)発毛と育毛を促進すること」の3段階に分けることで可能性が十分にあります。

生え際を復活させたい

 

ちなみに抜け毛が増える原因は主に性ホルモンや頭皮の汚れが原因です。
そのため性ホルモンを抑制する効果が期待できる成分や頭皮の汚れやトラブルを解消して血行を促進する成分が含まれた育毛剤を選ぶことが重要です。

 

性ホルモンの働きについては日常生活で改善することは難しいですが、頭皮の汚れやトラブルについては日々の洗髪で解決できる可能性は十分あります。
そして発毛と育毛の促進についてはセンブリエキスやノコギリヤシなどが含まれた育毛剤であれば効果が期待できます。

 

 

生え際を復活するために

生え際の薄毛を改善するまでには時間がかかるため、復活できるまでは必要に応じてウィッグや髪型を変えたりパーマをかけるなどして薄毛をカバーすることをおすすめします。

 

必要に応じて専門家に相談するなどしてストレスにならない程度に対策を行いましょう。

育毛剤に頼らずに生え際を復活させるために

生え際の薄毛は症状が改善しにくい場所だと言われています。
そのため育毛剤や育毛サプリメントを使う他、生活習慣を整えるなどして症状改善を期待することが望ましいです。
しかしインターネットで調べると育毛剤やサプリメントに頼らないで生え際を復活させた人もいて、共通して言えるのが「食事で髪によい栄養素を摂取する」ことです。

 

生え際復活にはカキフライ!?

例えば、牡蠣に含まれている亜鉛には抜け毛や薄毛を引き起こす性ホルモンの働きを抑制する効果があります。
しかし食べ物から摂取しても体には吸収されにくいと言われており、レモンに含まれているクエン酸の効果で亜鉛の体への吸収を促進します。
また大豆に含まれているイソフラボンやアルギニンには血管を若返らせる効果があります。
また海藻に含まれているヨウ素には発毛効果、緑茶に含まれているカフェインの利尿作用により抜け毛や薄毛を引き起こす性ホルモンを体外へ排出する効果が期待できます。
豆腐とわかめのお味噌汁に牡蠣フライ(レモン付き)などは最高の組み合わせではないでしょうか?

 

生え際復活のために睡眠を十分にとる

更には睡眠不足が重なることも好ましくなく、睡眠は日中髪や頭皮が受けたダメージを回復させるためには大切なことです。
22時から午前4時の間は髪の毛を成長させる時間と言われており、この時間に眠ることが望ましいです。

 

まずはできることから始めてみることをおすすめします。