M字ハゲを回復させるためには

抜け毛が気になったら病院に相談する

「M字ハゲ」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
男性特有の薄毛の症状の一つで前髪のある前頭部の両側の後退から始まる症状で、多くの男性が悩まされているAGAの典型的な症状の一つです。

 

前頭部は皮脂が分泌されやすく、また頭皮が硬くなりやすく薄毛になりやすい条件が揃った場所で、一度薄毛が進行してしまうとなかなか回復しにくい場所でもあります。
またAGAを起こす原因である男性ホルモンの受容体(ホルモンと結合して細胞に働きかける物資。レセプターとも言う。)が前頭部や頭頂部に多く存在することからAGAはこれらの部位の抜け毛から始まるといわれています。

タバコやお酒は薄毛を促進させる

遺伝が原因でM字ハゲになっている場合はしょうがない部分もありますが、生活習慣の乱れが原因の場合は生活習慣を改善することから始めたいものです。
タバコやお酒の飲み過ぎも十分に症状を進行させる要因となります。

 

まずは余計な皮脂を落とすためにシャンプーでマッサージをしながらやさしく洗うことで前頭部の血流も改善できます。
自分で対策する際にはM字ハゲ専用の育毛剤を市販されていますので必要であれば利用し、できれば抜け毛が気になった時点で早めに病院に相談して薬を処方してもらうことで回復する可能性は十分にあるようです。

M字ハゲを回復させるための増毛や植毛とは

M字はげ改善のために増毛を利用する人も多い

前髪のある前頭部のいわゆる「M字ハゲ」の症状に悩まされている人は病院に相談するのが望ましいのですが、長期的に治療を続けても症状が改善しない場合には他の手段をとった方がいいかもしれません。
増毛や植毛もその手段の一つで、M字ハゲを改善するために特に増毛する人は多いと言われています。

 

増毛は「薄毛が気になっている部分に残っている毛」に、自分の後頭部など薄毛になりにくい部分の毛や人工の毛を縛り付けるなどの方法があります。
植毛と比べると一気に処理ができるのがメリットで費用も植毛よりは安いです。
植毛は「薄毛が気になっている部分の頭皮の毛穴」に薄毛でない部分の自分の毛や人工の毛を外科手術で植え付ける方法です。

増毛ならすぐに髪の毛を増やすことができる

植え付けた毛が自分の頭皮に定着するまでに半年程時間がかかりますが、一度定着すれば自分の毛と変わらずにヘアスタイルを作れます。
一度に施術できる量が少ないので完了するまではカツラなどで隠す人もいるようです。

 

また健康保険が効かない治療で費用がかかることがデメリットです。
植毛は高い技術が必要であり、信頼できる医師の下で施術を受けることが望ましいです。
両者にはそれぞれ他にも注意点がありますのでよく理解して自分にあった方を選択したいものです。